もしかしたら、あなたの税金がちょっと返ってくるかもしれないってよ

シェアする

境町町長選挙の結果が出たようですね。

当 9591 橋本正裕 42 無現

   360 高嶋勇喜 54 無新

ぶっちぎりで、てつわんあとむさんが敗退しました。でも、世の中チャレンジが必要です。

このニュースについてです↓↓↓↓↓


昨日のニュースで、茨城県の境町という町で町長選挙があり、そこに立候補した人が「てつわんあとむ」という名前であることが判明しました…。

苦しい… 笑ってはいけないのだろうが、笑いが止まらんくて苦しすぎます…笑

高嶋勇喜(たかしま・てつわんあとむ)さん

(新人で結城市の自営業)

過去にもいろいろ改名してきたという高嶋さん。結果がどうなったのか、まだ知らないので後で確認してみます。

さて、今回は町長選挙とはなんら関係ありません。

そろそろ確定申告の時期なので、お金の話をします。


確定申告とはなんら関係のない人も注目~

月々もらう給料で生活しているサラリーパーソンたち。個人事業主として働いている人たちに比べると「確定申告」なんぞは遠い親戚のような存在です。「年末調整するから、必要なことを書いて提出してくれー」と会社に尻を叩かれて参加するくらいでしょう。

ですが、2018年の1月からスタートした新制度なら、当てはまる人も出てくるのではないでしょうか。ちょっとした小遣い稼ぎ(といっても戻ってくるお金は、もともと自分のものです)ができると思いますよ。

その名は「セルフメディケーション税制」

昔っから「医療費控除」というのはありました。知っていましたか? 病院で払った治療費や薬局で買った薬のお金の合計が1年間で10万円を超えたら、確定申告すれば「超えた分から所得税や住民税が減額される」やつです。

ですがこれ、10万円という壁がなかなか高く、しかも領収書を計算するなど面倒なやつなんです。

そこで華々しく登場したのが「セルフメディケーション税制」。そこらのドラッグストアーで”特定の”薬を買った金額で1万2000円を超えた分が対象となるため、とにかく手軽なんです。ただ、「いくらでもどうぞ」というものではなく上限は8万8000円まで。

でも、家族の分をまとめて申告できるので上限枠ギリギリまで使ってください。

だがしかし、落とし穴も用意されている

大したトラップではないのですが、以下の2点がネックになると思います。

★健康診断をしっかり受けていて、結果通知を持っていること(領収書OK)

★対象の薬はなんと1600品目以上! でも、対象商品なのか判別しにくい

一つ目は、健康保険に加入している「ごく普通の会社」のサラリーパーソンであれば、年に一回の健康診断はあると思います。もしなければ、社員の健康能力を社長が軽んじている可能性が高いので、すぐに転職しちゃってください。ちなみに、提出書類は結果通知書か領収書でOKだそうです。

二つ目は、「どれが減税に効く薬か、わかりづらい」こと。念のため、厚生労働省の資料をリンク貼っておきますが、やっぱり使いづらさは行政ならではなんですよね。

僕たちに身近な薬を数点書き出してみますと…

商品名 アレジオン20 

社名 エスエス製薬

成分名 エピナスチン

商品名 ロキソニンSプラス 

社名 第一三共ヘルスケア

成分名 ロキソプロフェン

商品名 バンテリンコーワ液W 

社名 エスエス製薬興和

成分名 インドメタシン

商品名 エアーサロンパスDX 

社名 久光製薬

成分名 フェルビナク

商品名 イブA錠 

社名 エスエス製薬

成分名 イブプロフェン

たしか、バファリンもそうだったはずです。

こう考えると、なんかできそうな気がしてきますよね。

この新しく始まったセルフメディケーション税制は、これまでの医療費控除と併用はできないんですが、もともと医療費控除をやってなかったのなら最初からセルフメディケーション税制に今年からトライしてみてはいかがでしょうか。

自宅のパソコンでサクッと確定申告できるe-taxシステム(例外なく、これも使いにくい)がありますからね。