【57・58】大きなニュースの裏には何がある?

シェアする

本日、衆議院が解散しましたね。といっても、僕は政治のことをあまり詳しくないため、ここでうんちくを語れるほど雄弁ではありません。しかし、「このような大きな動きの裏で、あまり知られたくないことが動いていたり決まっていたりすることが多い」というのはよく知っています。

それは、都市伝説なのかよくわかりませんが

誰かさんと誰かさんの不倫騒動や熱愛報道、有名人や芸能人のスキャンダルなど、誰もが「えーーー マジかーー!」と思うであろうゴシップの裏では、淡々とデカい出来事が動いていると言われています。

都市伝説のような単なるウワサかもしれませんが、よく考えてみてください。僕たちの身の回りでもありませんか? 本当に大事な事を推し進めるために、何かダミーな事を見せておいて裏で大事な事を動かしているようなこと・・・。

安いゴシップを隠れ蓑にし、大きな野望が裏で動いていることは昔からの常套手段だ。

ゴシップだけじゃなく、アレにも似ている

そう、ふと思ったんですが、推理小説やサスペンスドラマにも応用されていますよね。「アリバイ工作」とかいうやつです。何かとんでもないことをしでかすために、ダミーの出来事を作って差し込み刑事の目くらましををする。普段の僕たちは刑事役なのかもしれません。

話を元に戻しますが、今回の衆議院議員解散は「表」? それとも「裏」? どちらにせよ、こういう視点を持って情報と接する事は大事なことだと思います。

日本の未来は誰に微笑むんでしょうかねー

日々の商談や、「うまい話」の応用にどうぞ

営業として毎日お客さんと接したり、なんかのセミナーに行って自己成長を目指そうと奮闘している人、いると思います(天津木村風に言いました。知らない人はこちらをどうぞ)。

「あれ、なんか今日の商談はスルスルっと行きそうだ!」

「あれ、これを聞くだけでTOEICが800点も取れるの!?」

なんて甘〜い話に乗っかりたい場面に出くわしたら、一瞬だけでも「デカい話、派手な話、うまい話には裏で何かが走っているかも」と思い出してみてください。また、いろんな出来事や誰かの発言についてしっかりと考えられるようになると、商談のテクニックが格段にアップすると思います。

ある会社の社長が僕たちのサービスを購入する際に無理難題を押し付けてきた事があったのですが、それは僕たちのルールではできないことでした。でも、それをダイレクトに「できません。すいません」というのではなく、相手との会話の内容から一方的な攻撃をかわす要素がないかを探っていたため、それを回避できたことがあります。つまり、会話の中から相手が常に大事にしていること(ここでは、相手の会社のブランドを守りたいということを、会話からわかっていました)を盾に、「社長、このルールを仮に破ってしまったら、御社のブランド損失は計り知れませんよ」といった発言で、社長を尊重したまま行為を止める事ができたのです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、「物事を多面的にとらえるクセを日頃から持っておけば、普段の仕事で役に立つ」ということです。


57日目 2017/08/21

2017年 8月 21日
時刻 20:22
体重 61.95kg
BMI 20.0
体脂肪率 15.20%
筋肉量 49.85kg
筋肉スコア -2
筋質点数 61
内臓脂肪レベル 6.0
推定骨量 2.70kg
体水分率 55.8%
基礎代謝量 1439.0kcal
体内年齢 32歳

58日目 2017/08/22

2017年 8月 22日
時刻 19:40
体重 63.10kg
BMI 20.4
体脂肪率 15.80%
筋肉量 50.40kg
筋肉スコア -1
筋質点数 59
内臓脂肪レベル 6.5
推定骨量 2.80kg
体水分率 55.4%
基礎代謝量 1457.0kcal
体内年齢 32歳