【49・50】急に暑さが戻ってきたのでアイスコーヒーを買ってみたら、ふと気づいたことがありました

シェアする

なんか、9月になったら急に晴れて気温もグッと上がったような気がするのですが、実際そうですよね。夜になるとさすがに過ごしやすくなってきましたが、昼間は汗びっしょりです。そんなわけで、アイスコーヒーが飲みたくなりスーパーで買ってきたのです。

あれ? アイスコーヒーに種類という概念あったっけ??

いつも家ではホットコーヒーを愛しており、アイスコーヒーを飲むときはコンビニかカフェに行くのでアイスコーヒーの1リットルペットボトルを買う習慣があんまりありませんでした。だから気づいてなかったのかもしれませんが、コーヒーって何種類かあるんですねー。あ、砂糖が入っているかどうかじゃなく。というのも、となりの棚で「コーヒー飲料」と書かれたものを発見したから気づいたのです。

これっすわ。これは原材料が「コーヒー」になっておる。

モノのお値段とか、砂糖がどうのこうのは関係なく、「コーヒー」と「コーヒー飲料」というものがあるんですね〜。あと「コーヒー入り清涼飲料」というのも。ややこしい世の中だな…。

コーヒーたちの違いはこんな感じ

世の中で飲まれているコーヒーくんたちは、上記3種類に分けられるようです。違いは「コーヒー豆の量」なんだとか。

  • ボトルの中のコーヒーが100gの時の生豆(コーヒー豆)換算で5g以上がコーヒー
  • ボトルの中のコーヒーが100gの時の生豆(コーヒー豆)換算で2.5~5g未満がコーヒー飲料
  • ボトルの中のコーヒーが100gの時の生豆(コーヒー豆)換算で1~2.5g未満がコーヒー入り清涼飲料

つまり、名前が長くなるにつれて「コーヒー」が薄くなるってことです。
サントリーさんのページに教えていただきました。

そのわりには、コーヒー入り清涼飲料よりもコーヒーのほうが安かった気がしますが、気のせいだったんですかねぇ…。お値段はコーヒーの量ではなくてメーカーと小売店の事情によるものなのかな。世の中には、薄いコーヒーが飲みたい人もいるんだろうし。とにかく、こういう「細かい違い」は別の食べ物でもあること。そう、前から気になっていた、あの食べ物ですよ…。

一年中、いつ食べても美味しい「アイス」の正体

僕の中のヒットアイスは、お菓子「ルマンド」が入ったモナカと、アイスの王様「ガリガリ君」です! そういや、アイスクリームくんにも種類がありましたよねー。ラクトアイス、とか。ここでも、原材料の分量によって呼び名が変わるようです。全部で4種類。今度は、日本アイスクリーム協会という団体のページに教えていただきました。

  • アイスクリーム(乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)

乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれているものを指し、牛乳の風味が一番豊かに感じることができます。

  • アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)

乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいるものを指します。植物油脂が使われることもあります。

  • ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)

乳固形分はさらに少なく、乳脂肪分の表記はありません。これにも植物油脂が使われることもあります。

  • 氷菓(上記以外のもの)

乳固形分はほとんどありません。果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。

ルマンドアイスは「アイスクリーム」でした。ガリガリ君は間違いなく氷菓ですね。

どんなアイスが好きかは人それぞれですが、僕はなるべく自然の素材が多い方を食べたいなーと思っています。なので、ガリガリ君とルマンドアイスは末長くお付き合いできそうです。

他にも、いろんな食べ物がこのような種類が振り分けられているようです。例えばミネラルウォーターとか。でもまずこの残暑を乗り切るにはアイスコーヒーとアイスクリーム! これだけでも気にしながら味わいたいと思います。


49日目 2017/08/02

2017年 8月 02日
時刻 21:23
体重 63.15kg
BMI 20.4
体脂肪率 15.90%
筋肉量 50.35kg
筋肉スコア -2
筋質点数 55
内臓脂肪レベル 7.0
推定骨量 2.80kg
体水分率 55.4%
基礎代謝量 1457.0kcal
体内年齢 32歳

50日目 2017/08/03

2017年 8月 03日
時刻 22:36
体重 62.35kg
BMI 20.1
体脂肪率 14.70%
筋肉量 50.45kg
筋肉スコア -1
筋質点数 55
内臓脂肪レベル 6.0
推定骨量 2.80kg
体水分率 56.8%
基礎代謝量 1457.0kcal
体内年齢 31歳