【27・28】東京砂漠でネット難民になってもうた…。

シェアする

現在僕は地方の小さな都市に住んでいるが、実家は東京にあります。お盆休みが6日ももらえたので帰省しているのですが、実家にはインターネット環境は全くないため、とても不便な思いをしています。元々、僕しか使う人がいなかったので、僕がいなければ契約の必要はありません。コストのスリム化はここでも実践中です。

とはいえ、ですよ。

とはいえ、このネット社会で使えるパケット量が限られているのはとても不安です。自宅に帰れば快適なwifi環境が待っていますが、東京は東京で刺激的な毎日。それをネットなしではなかなか乗り越えられません。

実は、僕は動画メッセンジャーを使って電話をすることが多いので、電話をガンガンに使います。ですが、すでに足りなくなってきました…。持ってきた電波の量(?)は、スマホで2GB、iPad miniに入っているsimで10GB、もう一つ持っているiPad air2で7GBでした。

ですが、iPad air2の残りはあとわずか2%で(1GBも残っていない)、スマホとiPad miniもそれぞれ半分を切ってしまいました。なのに8月はまだ半月も残っているという残酷な現実が待っています。

便利な道具も、ネットに繋がってなければタダの板です

iPad miniに入っているsimはmineoで、10GB契約は我ながら「大型契約だ」と思っているのですが、どうやら小型だったみたいです。そろそろギガ放題系のルーターを導入しないといけないんだろうなぁと考えるようになりました。なぜなら、頼みの綱だったスタバまでもが、その「綱」を手放してきたからです。少し昔までは登録制で長時間繋がっていたのに、久しぶりにwifiオアシスに駆け込んだらそこはもうオアシスではありませんでした。たぶん1時間くらいで切れてしまいます。知らなかった~。

そんなわけで、ボチボチWimaxルーターの情報を集めようかと考えています。電波コストの整理もしないといけないなぁ…。

年金保険の続きをもう少しだけ

国民年金の支払い義務はいつ発生するか、社会人の人たちであればご存知のことと思いますが、4年以上学生をしなければいけない人たちは要注意です。

20歳を迎えた人は国民年金に加入し、年金保険料を納めなければなりません。おそらく大半の新成人が、成人式で懐かしい同級生と会う前にこの手続きを済ませなきゃならないのです。

「年金とかってよく分からないからいいや」
「どうせ私たちの時代になってももらえないんでしょ?」

という方もいらっしゃると思いますが、払うかどうかは大人の判断に任せます。確かに、年金はもらえない時代がやって来るなどと言われていますが、未来は誰にもわからないもの。実際にもらえる歳になった時に「アンタ、払ってないから支給できないよ」と言われてしまうかもしれません。その時は若かりし頃の自分を呪ってください。

免除的な制度、あります。

そうはいっても、学生をやっていたらバイトなんてほとんどできないだろうし、お小遣いがもらえるような年齢でもないと思います。

国民年金は、「学生だから払えない~!」という人向けに【学生納付特例制度】というものと、「給与が低すぎて払えない~!」という人にぴったりの【保険料免除】や【納付猶予制度】がありますので活用してください。

ただし、こういったお役所関連の制度は全部、自分が行動を起こさないと受けられないものばかりです。受け身の姿勢で得られるものは何もないことだけは覚えておきましょう。昔、インターネットがなかった時代は調べることが大変でしたが、現代はネット天国。情報弱者と言われないように、自分の身は自分で守れるようにしておきたいですね。


27日目 2017/07/3

2017年 7月 3日
時刻 23:53
体重 63.90kg
BMI 20.6
体脂肪率 16.20%
筋肉量 50.80kg
筋肉スコア -1
筋質点数 63
内臓脂肪レベル 7.0
推定骨量 2.80kg
体水分率 55.6%
基礎代謝量 1471.0kcal
体内年齢 33歳

28日目 2017/07/4

2017年 7月 4日
時刻 21:18
体重 62.60kg
BMI 20.2
体脂肪率 13.80%
筋肉量 51.15kg
筋肉スコア -1
筋質点数 61
内臓脂肪レベル 5.5
推定骨量 2.80kg
体水分率 58.1%
基礎代謝量 1478.0kcal
体内年齢 30歳