【19・20】星への願い事は叶いましたか? 僕は…叶えてみせますとも!

シェアする

突然ですが、数日前は七夕でしたね。というわけでこの題名を付けました。

この時期はほとんどの地域が梅雨だと思いますので、毎年のことながら織姫と彦星には会えないはずなんですが、今年は場所によっては見えたのではないでしょうか? あ、でもこの日は月が明るかったかもしれないので、天の川観戦は難しかったかもしれません。

案の定、ほぼ満月でした。

そんな中、シグマさんから待望の新製品が発売されましたね。

その表現力はまさに“芸術”! シグマ・Artラインから開放F1.8の超広角レンズがついに発売

わーい\(^o^)/ 発表から4ヶ月。やっとこさ発売します。でもすぐには買えない…。

僕は、カメラが趣味なんです。中でも風景を撮ることが好きなんですが、その中でも星空撮影は格別です。なかなかうまく撮れないところが、また醍醐味なんですよね。

「カメラのレンズなんて、よくわからん」という方に簡単に説明しますと、

このレンズの特長は【大空をとても広く、そして明るく撮れる!】です。

もちろん他のレンズでも星空撮影はできるのですが、さらに期待感の高まるものが発売になったんですねぇ〜。誰が、このレンズを使ったら写真をアップしてください(kakaku.comでも構いませんよ〜)。

ちなみに、これは昨年の夏に僕が撮影したものです。

撮影場所はもちろん、月齢にもこだわってスケジュールを組みました。

普段の星空撮影で使っているレンズは、F2.8の魚眼レンズでメーカーは同じくシグマです。今年も一回くらいは天の川の撮影に行きたいな。新レンズを試したいところだけど、予算の関係で来年に持ち越しのような気がしています…。

これから、星空撮影にトライしたい人もぜひ!

すんごく高いカメラ機材じゃないと撮れないのでは? と思いなさる方もいらっしゃると思います。実は僕もそのうちの一人でした。ですが、カメラ本体はエントリークラスの一眼レフでもイケます。

大事なのはレンズの明るさと、設定値。そしてロケーションですね。

天の川を撮りたい場合(僕の実感値ですが)

レンズ/24mm以上の広角レンズで、Fという数字が2.8か、それより小さい値のもの(ちなみに「何ミリ」という数字も、小さいほど広い風景を撮ることができます)

撮る時の設定値/シャッタースピードは30秒、ISOは3200、F値は2.8

三脚/必須! お金に余裕のある人は赤道儀もあるといいけど、なくても撮れました(上の写真は赤道儀なし) ※赤道儀とは

場所/とにかく街の明かりが届かない、暗いところ。とはいえ、山に囲まれすぎても森の木々が邪魔で空が写らなくなってしまったりと、ロケーション探しが一番難しいかもしれません。

いずれにせよ、すぐに結果の出ないダイエットやエクササイズよりは気軽に楽しめると思いますよー。

19日目 2017/06/19

2017年 6月 19日
時刻 22:43
体重 63.90kg
BMI 20.6
体脂肪率 16.50%
筋肉量 50.60kg
筋肉スコア -1
筋質点数 63
内臓脂肪レベル 7.0
推定骨量 2.80kg
体水分率 55.0%
基礎代謝量 1465.0kcal
体内年齢 33歳

20日目 2017/06/20

2017年 6月 20日
時刻 20:34
体重 61.70kg
BMI 20.5
体脂肪率 15.90%
筋肉量 50.45kg
筋肉スコア -1
筋質点数 61
内臓脂肪レベル 5.5
推定骨量 2.80kg
体水分率 57.9%
基礎代謝量 1456.0kcal
体内年齢 30歳

※出ました体内年齢30歳! たいした数字ではないかもしれませんが、ちょっとした変化があると嬉しいですよねー。目指せ体内年齢20代!