【91・92】親のカネに頼りっきりの若い男の末路を勝手に想像してみた

シェアする

あまり堂々と言える話ではないのだが、どうやらウチの会社の後輩の中に「親の財産を頼りに好き放題言っているやつ」がいるらしい。先日、その男の先輩にあたる子とランチをした時に相談されたんです。

「うちのチーム、士気も高まってみんなが頑張ろうとしているのに「オレ、なんでこんな仕事してんのかって、いつも思うんです。親はお金持っているし、辞めてもいいんじゃないかって思うんですよねー」ってなことを言ってくるんです。本当に会社辞めてほしいです」と。

「うーん、なるほど。本当に辞めてもらったほうがいいかもね」

と言っておきました。僕自身そんなに会社愛があるほうではありませんが、僕もこういう輩は苦手です。

ボンボンっていったらポルシェかなと思っただけです。

まだ話は続くのですが、そのくせ(その男の後輩は)でロクな会話もできない(日本語がよくわからない)、数も満足に数えられないのだとか(モノに対して単位が変わることを20年生きてても知らないそうな…)。

つまり、、、

鳥を「一羽」と数えられない。亀を「一匹」と数えられない。紙を「一枚」と数えられない(え、これ本当か??)。などなど、さまざまな逸話があるそうです。デスクの距離がちょっと離れているだけで全然情報が入ってこなかった…。

そんな伝説のような人、いたんですねー。ビジネス本とかだけに登場する、作り上げられたペルソナかと思っていました。仮にも大学に行って卒業したのに、彼の学力は小学生レベルかどうかくらいだったとは笑。

この子が会社、いや社会に馴染めず本当に
親のカネだけで暮らしていくことになったら。

彼自身の問題なので僕は特に興味が湧かなかったのですが、「お金持ちの親の財産をアテにして暮らしていくことになったら」という切り口で彼の人生を想像してみたら、いろいろとワクワクしてきました。

★彼の周辺の人たちからはどう見えているのか

★彼自身の経済状況はどうなるか

これら2つについては、いつも付きまとってくると思います。まずは本人の周辺、特に付き合っている人がいたとして、その人(つまり彼女)はどのように思っていることが多いと考えられるんでしょう?

女性は、お付き合いとか結婚とかを考える時に経済力を重視する傾向にありますが、彼氏の親の財産についてはどう考えているのか? が気になり、いろいろ調べていました。

同居に関するアンケート

女性に、「お付き合いしている男性の両親と同居するのはありですか?」という質問をしたら、案の定な答えが返ってきたという月並みな話です。

まあ、さまざまな理由があるとは思いますが、ほとんどの人がナシでしょうねー。

親の財産はただの自慢にしか見えないらしっすよ

こちらの情報は意外なモノでした。経済力が高ければ高いほどモッテモテなんじゃないの? と思っていたのですが、現代の女性たちはしっかりしていてホッとしました。親のカネは、あくまで親のカネなんです。もしかしたら相続されるかもしれませんが、目の前の彼氏に「稼ぐ能力がある」とまでは錯覚しないようですね。

※いずれも「マイナビウーマン」の記事を参考にしました。

では、頭のよくない後輩の行く末はどうなののか?
(なんとなくイメージできるけど念のため)

今回の記事のモデルに選ばれた後輩くん。この人の場合は「すこぶる頭が悪い」ということと「親の財産を自慢することがステータス」という、人間として終わっているような人物に見えてしまうが、僕から見た本人はいつも笑顔で若者らしい爽やかさがあるように見える。たぶん、上記のようなセリフを吐いてしまうのは天然なんだろうなぁ。今まで「親が金持ち」というのは当たり前で、「自分が労働している」のが非日常なんですよきっと。

ですが、彼の将来には次のような懸念点があると僕は考えました。

  1. 数もロクに数えられないので、詐欺の餌食になる可能性がある(親の財産を守りきれない)
  2. カネで得た人脈は、カネが消えると去っていくの法則
  3. 相続税はどうするの?

まず「1」の詐欺の餌食になる、ということ。いろいろググっていると「子どもの苦手科目上位」は王道の算数(数学)か国語なんだそうですが、計算が全くできないとお金の計算でダマされるだろうし、国語(我が国では日本語)ができないと、そもそも会話ができない→ 一方的に諭される→ 結果的にダマされる。

短絡的ではありますが、コミュ症の人ほど詐欺に遭遇しそうですね。そうなると、親が頑張って作った財産も一瞬で溶けます。

「2」は、ことわざにある「金の切れ目が縁の切れ目」のことです。ことわざにあるということは、人は昔から繰り返してきたのでしょう。お金で作った人脈は、お金がなくなるとあっさり消えてしまうことを。今回の主人公である後輩は、親のカネを周囲にばらまいているわけではないようですが、もしこれをやってしまったら…。きっとバラ色の人生が待っていることでしょう。

「3」が一番重たい話になることでしょうね。最近法改正があったことで、政府は「国民の取り立て担当」のようなイメージが一層強くなりました。いろんな計算シミュレーションがネット上にあるのでそれを使って対策を今のウチに立てておいてもいいですし、お金持ちなら専門家に任せるというのも手段です。

ただし、ここでは後輩の頭が悪いことになっているので、諸先生方のありがたいお話が理解できるかどうか。ダマされてしまうことは無いにしても、税金によって財産が目減りすれば彼が生きていく力は弱まってしまいます。

やはり自分で稼ぐ力がないと、この先は生きていけないのですよ。


91日目 2017/11/09

2017年 11月 09日
時刻 22:47
体重 63.95kg
BMI 20.6
体脂肪率 15.90%
筋肉量 51.00kg
筋肉スコア -1
筋質点数 65
内臓脂肪レベル 7.0
推定骨量 2.80kg
体水分率 56.0%
基礎代謝量 1476.0kcal
体内年齢 32歳

92日目 2017/11/11

2017年 11月 11日
時刻 16:03
体重 62.40kg
BMI 20.1
体脂肪率 15.30%
筋肉量 50.10kg
筋肉スコア -2
筋質点数 67
内臓脂肪レベル 6.5
推定骨量 2.80kg
体水分率 55.9%
基礎代謝量 1448.0kcal
体内年齢 32歳