平成もあと1年。昭和の日はなくなってしまうのか?

シェアする

長かったゴールデンウィークもあっという間に後半戦。休みというものは中盤を越えるとあっけないく終わってしまうものですね。まだ終わってないけど。

最近いろいろと慌ただしかったため、今年のGWは特にどこへも行かずに家の大掃除をしたり、録画しっぱなしのTV番組を一気観したりしていました。そんなわけでこのようにカレンダーをまじまじと見る機会があったわけなんですが、いつの間にかみどりの日が5月4日に移動していたのを発見。「いつの話だよ?」と言われてしまいそうですが、昔、みどりの日は4月29日だったのです。そこから記憶が止まってますね…。

旧みどりの日は「4月29日」でした

現在、昭和の日となっている4月29日はみどりの日だったのですが、その前は天皇誕生日でした。昭和天皇の誕生日だったのです。

時が昭和から平成に変わったときに天皇誕生日は12月23日になり、4月29日はみどりの日となって2006年まで国民に親しまれた祝日となったのでした。この「みどりの日」という名の由来は結構有名ですが、昭和天皇は生物学者でもあり植物に造詣が深かったため。動植物を愛されていたことにちなんで祝日となったのです。

日本には祝日法という法律があるようなんですが、その法律改正で明日5月4日は「国民の休日」からみどりの日になり、みどりの日は昭和の日になったのでした。

昭和の日はなくなるのか?

現在の天皇誕生日、すなわち12月23日は平日になり、代わりに現皇太子の誕生日である2月23日が天皇誕生日になるとの議論がされているようです(偶然にも同じ23日なんですね)が、昭和の日はたぶん無くならない気がしています。

これはまだ憶測の段階ですが、本来ならば天皇誕生日は平日になるところを祝日として残したから、というのが僕の推論の根拠です。僕は戦前や戦中生まれではありませんが、昭和生まれとして昭和初期がどれくらい大変な時代だったかを教育されてきました。

実際に体験したわけではありませんが、いろんな記録映像や本、教科書などによって暗黒の時代だったことは勉強してきたつもりです。同時に昭和天皇は、国民にとっての「神」という存在を終えた特別な方でもあったため、日本の記憶に残しておくための手段が祝日なんではなかろうかと思ったのです。

そういや、他の祝日の由来も気になりました

せっかくの日本の祝日を考える良い機会だったので、他の祝日も調べてみました。

成人の日

読んで字のごとく、20歳を迎えた(迎える)大人の仲間入りを果たした若者を祝う日です。豪雪地帯など特別なエリアは夏に開催されることもあるこの日は、1月8日から14日までのうちの月曜日に設定されるが、1999年までは1月15日と決まっていました(僕にとって、もちろん1/15のほうが印象強い)。戦後の「青年祭」というものがルーツだそうです。

建国記念の日

世界中でもこの日を休みとしている国は結構ありますが、日本では初代天皇とされている神武天皇の即位日(昔の1月1日)にあたるのが新暦の2月11日だそうです。この日が制定されたのは昭和41年(1966年)と比較的新しいのですが、これは戦後間もない政府が祭日として制定しようとしたところGHQにダメ出しされボツになった経緯があるようです。

ちなみに、日本のご老人たちは祝日を「祭日」と言う人もいますが、日本にはもう祭日はありません。日本の祭日とは皇族が祭祀(さいし)を行う日のことですが、1947年5月2日に廃止されたためごく一部が祝日として残っているにすぎません。

春分の日

これも祭日の「春季皇霊祭」からきている祝日だそうですが、昼の時間と夜の事案がほとんど同じ時期が選ばれているようです(「ほとんど」としたのは、若干昼の時間の方が長いから)。

憲法記念日

現憲法である日本国憲法が施行された日です。つまり憲法が効力を発揮した日。憲法が発表された11月3日とは区別する必要があります。

こどもの日

端午の節句が由来です。もともとは男の子の成長を願った日でしたが、この日を祝日としたのは戦後だったので(1948年)、新しい時代に男だ女だというのはふさわしくない(男女平等である)という考えもあってのことか、こどもの日となっています。

海の日

1996年に祝日の仲間入りを果たした海の日は、海の記念日が由来。これもまた、明治天皇の行ったことがアニバーサリー化され、めぐりめぐって休みとなりました。

山の日

2016年に加えられた最新の祝日、山の日。これは祭日や皇族に絡むような由来が特になく、いつ休みにするかの議論では6月案もあったようです。でもお盆休みを絡めやすいということから8月11日になりました。12日案もあったようですが、この日は日本人が忘れてはならない飛行機墜落事故の日なので見直しが図られたのでした。

敬老の日

成人の日同様、これも昔は15日(9月)でしたが、2003年にハッピーマンデー形式になっています。1948年に制定された祝日法ではこどもの日と成人の日はあったものの、ご老人に関する祝日はありませんでした。兵庫県の小さな村で老人を敬う日を作り、老人福祉法ができて1966年にようやくできたのが、この敬老の日なのです。

秋分の日

これは春分の日の逆で、「秋季皇霊祭」が由来です。春と逆なので夜の方が時間が長いと思いきや、この日もどうやら昼のほうが長いんだそうです。

体育の日

もともとは10月10日で、2000年からハッピーマンデー化されました。1回目の東京オリンピックの開会式があった日なので体育の日なのです。でも夏季オリンピックがなんで秋にやったんでしょうかねー。また今度調べてみます。

文化の日

日本国憲法が発表された日。ですが、同時に明治天皇の誕生日でもありました。他にも記念日として、「文具の日」「まんがの日」「レコードの日」と、文化の象徴っぽいものが挙げられています。

勤労感謝の日

これは、農作物(主に米か)の収穫に感謝する古来からの祭り「新嘗祭(にいなめさい)」が由来となっています。戦後のGHQの政策により、天皇行事から切り離すためにこの名前となりました。