アマゾンのAIコンビニは「待つ」というストレスから解放してくれる

シェアする

アメリカのアマゾンはアメリカ時間の1月22日に、シアトルに無人のコンビニを開業することを発表しました。いろんな無人コンビニは出てきていますが、アマゾン社のやつはAI技術を使ってレジをなくしたのがウリ。どうやって買い物するのかというと、お客は書いたい商品を棚から取り出して、そのまま外に出るだけでOK。自動的に支払いが済むようになったというのは本当に画期的ですな。

ネット販売の王者(アマゾン)はリアル店舗のスタイルさえ変えようとしていますねー。

要点のまとめ

★お店の名前は「Amazon Go」である

★買い物するには、アプリのダウンロードが必要

★そしてアマゾンに口座を登録することもお忘れなく

★スマホで「ピ!」とやって入店し、商品を選ぶ

★商品を選んだら「レジの行列に並ばずに」店を出る

★それだけで購入が成立する

★天井一面には約130台ものカメラがある

★そられのカメラと画像認識技術で客を特定する

★AIが人の代わりに仕事をしたという実績になった

★日本でも実証実験をしているらしい

お店の名前は「Amazon Go」

シアトル本社の下に作られらそうです。約167平方メートルの広さで、サンドウィッチなどの食料や飲料など、まずは商品を絞ってスタートします。このお店の目玉はやっぱり「レジがない」ということ。

お客は専用アプリをダウンロードしたスマホを入り口の専用ゲート(自動改札みたいなもの)にかざして入店し、欲しい商品を自分のバッグに入れていく。そして、そのままゲートから出るだけで買い物は完了というわけです。

一番のメリットは支払いのためにレジ待ちの列に並ばなくて良いということ! せっかく並んでいても途中で割り込みされるなんてトラブルとも無縁です。

この仕組みは、画像認識と深層学習の技術を応用することでできたもので、「商品を選んで店を出るだけ」という、昔なら万引きで捕まってしまうような方法で、決済が完了するのです。す、すごい…!

実は日本にも無人コンビニができるかもしれないんです

今までも、商品に付けられたタグを取り付けるなどで業務の簡略化や無人店舗を目指してきましたが、アマゾンは「そもそもレジって必要??」という考えに基づいて設計されたものなので、とにかくいろんなことが画期的なのです。

画像認識の技術を開発したり、その技術を実現するための部品を作っている会社のある日本でも、新しいコンビニの実験をしているようです。JR東日本が運営しているコンビニ、ニューデイズはAIを導入した店舗を大宮駅に2017年の11月に作っています。

Suica系のカードを「ピ!」とやって入店し、客が買おうとしている商品を棚や天井にセッティングされたカメラとAI技術で認識し、専用端末でSuicaとかを「ピ!」とやると決済される。つまり、ちょっとしたレジ行為は発生するけど「この商品と、これと…」なんて一個一個やる時間は短縮されるわけです。アマゾンとは違うが、それでもすごいと思います。

無人コンビニの話は以前にも「中国で先進的なコンビニがあるよ」と紹介しましたが、これはまた技術の考え方が違うようです。最新の技術が、僕たちの生活に直接関わる形で応用されやすいのは「クルマ」だと言われていますが、今後はコンビニもその中に入ってくるんでしょうね。