エイプリルフール企画のページは3つしか見つけられませんでした

シェアする

もはや4月1日の定番となったのでは、と思っていたエイプリルフール企画ページですが、探してみると全然ありませんね…。ひと昔前は大企業はかなりこだわったページを公開していたイメージがあったんですが、今日は定番のあの会社と、あの地図くらいしか見つけられませんでした。あ、あと日本を代表するあの時計会社のものも見つけました。

定番中の定番、Google

なんか、キーボードネタ=Google みたいな感じになっているが、そろそろ息切れしてきたのだろうか。

これ、

別にキーボードの上で書きたい文字をジェスチャーしなくても、パッドの上で文字をなぞれば書けちゃうじゃん!

とツッコミたいのですが、それこそGoogleの思うつぼですね。黙ってキーボードを正しく使わないやり方が良いようです。

これも定番、Googleマップ

Googleマップで遊べるシリーズも定番ですが、エイプリルフール企画を探すことが難しい本日の中で、本当にこの会社はヒマなんでしょうか。他社さんたちは「そんなことしている余裕もカネもないよ」と本音が聞こえてきそうです。

さて、今年はウォーリーを探せ、です。紙の本が売れなくなって、本屋や図書館に行く代わりにタブレットを眺める時代ですから、もしかしたら知らない子たちもいるかもしれません。図書館の絵本コーナーとかでは、たぶんレギュラー作品じゃないかと思います。楽しい絵の中から、メガネをかけてボーダー柄に身を包んだ男性を探す健康的なゲームの絵本なんですが、いったん始めると止まらなくなります!

何でかというと、このように絵がカラフルでとても繊細。そしてウォーリーを探し当てた瞬間の快感をもう一度味わいたく、次のステージに挑戦してしまうのです。これをやり続けると、確実に日が暮れるので気をつけてください。

あの真面目な会社が作った「忍者ウォッチ」

最後は、忍者必携の時計を開発したセイコーです。これはたまたま発見したんですが、「カッコイイ!」というより「あぶない(危険!)」な時計だという印象をうけました。

グランドセイコーから、「忍者専用ウオッチ」新登場! | グランドセイコー
全世界の忍者たちが、この日を待っていた。グランドセイコーから、「忍者専用ウオッチ」新登場!

なぜなら手裏剣は「剣(つまり刃物)」であって、腕に巻こうものならたぶんすぐに腕や手や指が傷ついてしまう可能性が高いからです。

ですが、これは本家本元のグランドセイコーブランド。めっちゃくちゃお値段が高いブランドなので、そのへんの安全処理はしっかりされているのでしょう。

プロモーション動画も結構本格的に作られているので必見です。また、クノイチ忍者用(女性用)もラインナップに加えられているなど、外国のMade in Japanファンの人たちは思わずポチっと買っちゃうじゃないでしょうか(買うためのショッピングカート機能はついてないですけどね…)。